スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
新書のお知らせ
2011 / 01 / 12 ( Wed )
本村伸子獣医師 著書シリーズ
犬と猫のためのナチュラルケアシリーズ4

「胃腸が弱い」ではすまされない!改訂版が出ました。
定価税込:¥2,520
54_convert_20110112135133.jpg
image_convert_20110112135220.jpg
表紙が以前と同じなので「改訂版」が入っているかを確認してください。


★購入先★
一般書店では、販売されていませんのでご注意ください。
 (紀伊国屋書店の新宿本店のみで店頭販売) 

発行元「コロ」にて購入が可能です


★本の概要★
犬や猫の消化器官(胃腸、肝臓、すい臓)のはなし

特に「LGS:腸管浸漏症候群」について書かれています。
【本書P26より:LGSは疾患ではありません。腸管粘膜の透過性の上昇に関与した状態に対して用いられる言葉です。簡単に言えば『腸管壁の細胞同士の間に大きな空間ができてしまうこと』です】

LGSは、腸管壁に穴が開いたような状態になってしまっているため、
食べ物(栄養)だけでなく、細菌や毒素(病原体、抗原、アレルギー物質)も体内に漏れ侵入してしまいます。
その結果・・・アレルギーを引き起こしたり、炎症性腸疾患、肝炎、すい炎、食物不耐性、関節炎、腫瘍、糖尿病、副腎皮質機能亢進症、甲状腺疾患などなどの疾患に繋がります。

犬や猫の食材にどんなに気をつけてあげても、
食べ物を消化吸収する消化管(特に胃腸)が健康な状態でなければ
栄養素を正しく体内に取り込むことはできません。

LGSが疾病の一因であるならば・・・LGSのケアを食事からしてあげましょう。

改訂版でも「LGS」を中心とした消化管のはなしの内容に変わりありませんが、
初版本(2005年)から5年が過ぎ、改訂版(2010年)では新しい情報が加味されています。

興味のある方は是非、ご一読下さい。




★ローカルニュース★
管理人の手元にも改訂版を数冊置いてあります。
*犬まんま猫まんまのセミナーを受講された方
 (送料無料です。銀行振込の際の手数料はご負担願います。)
*管理人の近所の方
 (直接の受け渡しが可能な方のみ)
に限り販売致しますので、左記のメールフォームよりご連絡ください。

特典:初版本(2005年Ver.)をすでにお持ちの方にはお役に立ちます。
   【改訂版の新しい内容】をピックアップした資料を差し上げます♪
   











スポンサーサイト
15 : 15 : 54 | イベント | トラックバック(0) | page top↑
トラックバック
トラックバックURL
http://shioli.blog43.fc2.com/tb.php/70-8f2f516e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。