スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
いのち
2011 / 07 / 21 ( Thu )
夜中のペットショップで、パピーが売られていること


生まれて3ヶ月以下の個体が売られていること


生後1ヶ月もすれば、母体と引き離されていること


・・・・


あげれば切りが無いが


「いのち」を考えたら尋常ではない行為


しかし・・・


それらのことが当たり前であるかののように


麻痺している人間たち



誰が「いのち」を守れるのか・・・


やっと、行政が、少しだけ動いた・・・


記事:
<ネット取引は対面説明義務化、夜間の店頭展示禁止>




それでも、先進国の中で遅れている動物愛護への考え方


ネット販売を・・・


店頭販売を・・・禁止できない国


「いのち」よりも


人の利益が大切か・・・




ある国では、飼い主になるであろう人に「抱っこ」させないという

情を抱かせる前に

生き物を飼う責任を持つことを優先としているからだ



わが国では、ショーケースの前に立ち止まった人に「抱っこ」させろという

情を抱かせてしまえば必ず買っていく。

販売促進のマニュアルだ

「いのち」ではなく、動く商品としか扱われていないのが現実の国



売る側だけの責任を問うのではなく


買う側の責任意識の向上を育てなければ


この国で生まれてきた生き物たちの


殺処分は無くならないのだろう









スポンサーサイト
09 : 59 : 43 | ブリード | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。