スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
経口寛容
2008 / 01 / 01 ( Tue )
経口寛容とは・・・免疫寛容のひとつである
初めて口に入ってくる食物に対して、免疫系が無視する特殊な働き である

言い換えれば・・・
免疫系が食物を異物として反応して排除してしまうと・・・食物から栄養を取れないということになる
そんなことになってしまったら、大変である
そんなことにならない為の大切な働きなのである

栄養を吸収するのは、腸からである
仔犬の時期は、仔犬の腸もまだ未発達の状態であるために
成犬よりも大きな栄養分子も体内に取り込んでしまう

従って・・・一度に多種の食物を与えることは、未発達の腸からいろいろな栄養素が
一気に体内に入ってしまうことで、体が混乱を招くことになる
この混乱から食物に対して過剰反応を起こすようになってしまうと
「食物アレルギー」の一因となってしまうのである

離乳期には食材を一種ずつ丁寧に与えることでこの免疫寛容という働きが体に正しく反応するようになるのである

多種の食物とは・・・犬の場合、市販のペットフードにあたるであろう
フードの原材料表示にたくさんの食物が書かれている
・・・米、小麦、トウモロコシ、鶏、牛、ラムなどなど・・・

離乳期に大切なこの経口寛容という免疫システムを正しく作用させるためにも
母犬の母乳が必要となるのである
母乳からしっかり栄養をもらうことができていれば、
離乳食でゆっくりと一種ずつの食材を取り入れていくことができるのである

しかし現実は、ちょうどこの大切な離乳期に母犬と離されフードの食生活が始まってしまうのである


*****************************************************************************

一過性の下痢について

神経性の下痢であれば、ストレスを取り除くことで落ち着くであろう

何か変わった食物や拾い喰いをした時の下痢であれば・・・
体が体内に異物が入ってきたと反応し、体内がそれを排除する働きをするために下痢が起きる
1、2回下痢をした程度ですぐに下痢止めを飲ませてしまうということは
体が異物と反応したものを体内に留め置いてしまうということになる
このほうが体には良くないのである
いらないものを出してしまうのが良い
これは、一過性のおう吐も同じ反応である

下痢をしたら
固形の食べ物を避け、チキンスープやおろしリンゴなどで半絶食をしてあげてほしい
そうすることで、胃腸に負担がかからず、薬を飲まなくても下痢は自然治癒する

何日も下痢が続くようであれば、食べ物ではない他の原因が考えられるので病院でみてもらおう
長く続けば、脱水症状にもなるので危険が大きくなってしまう

りんごりんご・・・水溶性食物繊維のペクチンを豊富に含む
ペクチンは、下痢で傷んだ腸粘膜を保護する働きがある

スポンサーサイト
00 : 00 : 01 | 離乳期 | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。